内覧が終わり、買主が買いたいという意思を示した場合は、買主を決めます。

1人しか買いたいという候補者が居なければその人しかいませんが、

もしも2人以上が買いたいと言ってきた場合は、買主を決める必要があります。

 

複数の買取希望者が居た場合は、最終的な判断は原則として売主さまに委ねることになるのですが、

実際には、買主が競合したことを売主様へ伝えることなく、不動産業者の内部で決めていることもあります。

 

売主様に不利益にならないようになればいいのですが、担当者による意図的な買主決定が行われるケースもあります。

 

例えば、直接依頼した不動産会社がその会社とは異なる不動産会社が連れてきた購入希望者が満額の条件なのに対して、

直接依頼された不動産会社が連れてきた購入希望者が100万円の値引き希望だとすると、

 

直接依頼した不動産会社はその買主として契約すれば、安い売買金額でも多く仲介手数料を得ることができるので、

あえて売主に不利な契約条件を優先することをする不動産業者もいるようなので注意が必要なんです。

 

売主としては、高い値段で購入してくれる買い手に売りたいのが本音ですし、

複数の買取希望者が居た場合、条件があまり変わらないのであれば(手付金や決済時期)

 

不動産会社は正直に売主様にお伝えしてどちらかに売却するのか決めていただきます。

現場レベルの話では、手付金と決済時期で大きく話が変わることが多いので、

 

弊社のお客様の場合は(もちろんですが)包み隠さず売却活動を行ってまいりますのでご安心くださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック