マンション売却での告知義務には、絶対に告知しなければならないのかの正解はありません。

しかし、告知義務を理解する上で大切な心構えがあります。そこで2つの心構えを説明するので確認してください。 

1つ目は、マンションの状況を正しく理解すること

告知義務のポイントは、売り主が知っていたか、知らなかったかという点です。売り主が把握していなかったとしても、瑕疵にあたるのであれば告知義務違反になる可能性があります。 

マンションの売買契約を締結する前に、住宅診断を実施するなどして、正しい物件の状態を把握しておく事が大事です。 

2つ目は、不動産会社に相談をして買主に誠実に伝えることです。

マンションの状況を把握して、どこまでの情報を買い主に伝えるのかの線引きをすることが大事な点です。 

売主が伝える必要のない事項まで伝えて値引き交渉されることまでは避けたいので、まずは、正確な情報をきちんと不動産業者に伝えることです。

それでも不明点が残るようであれば、弁護士に相談をして、買主に伝えるべき事項かそうでない事項かの線引きをして下さい。 (ここまでのケースは現場としては、そうありませんが・・)

告知義務の心構えを参考に瑕疵があるのか否かを確認してからマンションの売却に臨みたいところですね。

もし、〇〇は買主さんに伝えたほうがいいですか?というご相談はいつでもお気軽に弊社までお寄せ下さいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック