マンション売却時に払う税金を計算する根拠として、買ったときの費用は取得費と言い、売ったときの費用は譲渡費用と言います。

これらの用語を税金の専門用語で言うと、

  • 売ったときの金額を、収入金額
  • 買ったときの金額と買ったときの費用を合わせて、取得費
  • 売ったときの費用を、譲渡費用と言います

わかりやすくいうと不動産が買った時点よりも値上がりしていれば売って利益が出たことになりますし(手元にお金が残る場合など)、値下がりしていれば損をする売却損になります(お金を用意しないと売却ができない場合など)

この売却損のことを税金の用語で、譲渡損失と言います。 

取得費の内建物を購入した代金や建設費は、築年数に応じて減価償却費相当額を差し引いて計算します。 

減価償却っていうのは築年数が経っている分、下がった建物の価値を経費として売った金額から引いていいよ(税金が安くなるよ)という、とってもいい制度です。

また、譲渡費用には、仲介手数料や印紙税のほか、建物の解体費用や測量費も含めることができます。 

マンションや戸建ての売却で、一番お客様にとってわかりやすいのは「自分が住んでいた住宅」なら3,000万円儲かっても税金がかからない制度がある!ということでしょうか。

マンション売却についてのご相談はお気軽に弊社までお問い合わせくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2017y12m19d_104737890.png です