マンション売却をする際は、売却するマンションにローンが残っていれば抵当権が登記されていますので抵当権の抹消登記する必要があります。

抵当権とは、住宅ローンでお金を借りて、担保としてマンションの部屋や土地を担保として金融機関が確保しておくための権利のことを言います。 

住宅ローンの返済が未完了であれば、マンションの場合抵当権が残っていると考えて問題ありません。 

マンション売却時にお金の決裁をする場で、マンションの売却代金をから、住宅ローンの返済にあてて、抵当権を抹消してもらうことになり、そこでローン残高の決済後には抵当権抹消登記の手続きをする必要があります。 

また、買主に所有権を移転登記する必要があります。マンション売却の契約を締結した明けで、法律上の手続きをしなければ、その物件の所有者は売主のままになってしまい、所有者を買主の名義に変えることで、買主の持ち物に変更して、移転登記の手続きをしなければなりません。 

残債が残っている物件を売却する場合、抵当権抹消はマンション売却のタイミングで実施することが必要な手続きだという事を理解しておいてくださいね。

といっても、現場では司法書士の先生が行うことですので心配無用です。不動産売却のことでしたらお気軽に弊社までお問い合わせくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック