耐震基準は何度も変更がされてきています。

1981年6月新耐震基準では、100年に1度起きるか起きないかの震度6程度の大地震に対しては、建物の倒壊を防ぎ、人命を守るという規定になりました。 

震度5程度の地震に耐えうる住宅から、震度6以上の地震で倒れない住宅に強化され、人命を守るが追加されたことは大変重要なことですが、

旧耐震基準の中古マンションは不安かというと決してそんなことはありません。 

仮に築年数が古くても、耐震構造的に安全性の高いレベルで建築された物件が多数存在しているので、耐震基準の新旧だけで耐震性を判断することはできません。 

そこで耐震性、施工品質の良し悪しを判断する方法は、躯体と言われる建築物の構造体。建物の強度にかかわる基礎、柱、梁、壁面、床などの確認であり、外観や内観の目視だけではわかりません。 

不動産会社に依頼して信頼できるデベロッパー、設計事務所、施工業者など、専門家に確認してもらうか相談できるかが大事なことです。 

建物の設計図や竣工図、建築確認申請書、構造計算書など、まずは図面をもとにアドバイスをしてもらうことで耐震性を確認することもできるので、購入前に確認しましょう。

専門的に調べる場合は調査費用がかかります。マンションの場合はいいですが戸建てでそれをやると売主の機嫌を損ねたり、

調査している間に「調査無しでも買う」という買主が出てきてそっちに売ってしまって、調査費用はどうしてくれるんだというトラブルになったり・・

インスペクションについては確かに専門家やお上の言いたいこともわかりますが、今後も賛否両論が予想できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2017y12m19d_104737890.png です