一戸建てを売却する前に、境界線が確定しているか確認して下さい。

境界線を確認する方法は、確定測量図という図面を確認する方法があります。

 

確定測量図には境界確定図と言われることもありますが、確定という言葉が図面に記入されているか否かがポイントになります。

測量図の名称が○○確定図もしくは確定○○図などとなっているのであれば、境界線が確定している一戸建てとして証明された証があることになります。

 

もし確定測量図がなければ、実際に専門家による測量をしていないので境界線が明確になっていないという可能性が高くなるわけですね。

一般的に、境界の種類は2種類あり、1つ目は、隣地所有者との境界線になります。

これを、民々の境界と言われています。

 

2つ目は、市道とか県道などの公道と面している境界線です。これを、官民の境界線と言われています。

境界線が確定していれば、民々も官民も両方の境界が確定している一戸建てであることを言います。

 

ところが、民々の境界が確定していても、官民が確定していないというケースも多くありますので、

一戸建て売却前には境界線を確認するようにしましょう。

 

一戸建て売却の詳しいことは弊社までお問い合わせくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック