一戸建ては家の使用状態にもよりますが、リフォームするのかどうかは、建築年数と設備の耐久年数によるところが大きいです。 

まず建築年数ですが、一戸建ては築5年から10年程度で外壁の剥がれが始まります、10年から15年程度で、水回り設備のリフォームを考えるべきとされています。 

15年目を超えたら見た目で劣化がわかるところのリフォームが必要になることが多く、リフォームをしていけば一戸建ては長持ちすると言われています。 

そういう観点から見れば経年劣化を確認して、建築年数に合わせたリフォームをする必要がありますね。 

設備の耐久年数は、一戸建て住宅の各設備は一般的に耐用年数の目安が設定されています。これを元に補修を計画するのも検討して下さい。 

リフォームをすれば第一印象がアップするので、補修をした部分とそうでない部分と比べて見た目で新しいので、パッと見の印象が良くなりますが、

古家の現状渡しとしてリフォームをせずに販売することももちろん可能です。  

物件の築年数が経過していても経年劣化を感じさせないイメージを与えることができれば、買い手が早く見つかったり値下げせず売れたりする確率が高くなるメリットになります。

あなたの場合はどちらがいいのかなど、残債や市場の売却相場を考えて最適なプランをご提案しますのでお気軽にご相談くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック