一戸建てを売却して住み替えをするポイントをご説明しましょう。

 

前に住んでいた一戸建てを売却して、手元に残った譲渡益がある場合は

新たに購入する新居の頭金や諸費用に当てるか、全く当てないか選ぶことができます。

 

もしも売却金額よりも住宅ローンが残っていた状態だと、抵当権がついたままの状態となり、

売却することができず、買い手がつかない状態となってしまいますよね。

 

残債が少ない時は一戸建てを売却したお金で、住宅ローンを完済できることが多いのですが、

万が一、売却した金額が、住宅ローンの残金よりも少ない場合は、自分自身で貯蓄の中から残金を支払うことができないと売却ができません。

 

もしも預貯金や、借入をすることが難しいんであれば住み替えができないことになってしまいます。

昨今、住み替えローンと言われるものが登場し、以前の住宅の残債に加えて今回の仲介手数料などの諸費用や住み替え先の費用に使える場合もあります。

 

現在のローンを完済せずに住み替えをするので、この住み替えローンを活用することがメリットだと言えなくもないですが

通常のローンを組むよりも借入総額が多くなるので、金融機関が審査を慎重に行うので審査が下りづらい状態になります。

 

弊社では住み替えローンのご紹介もできますので、是非ご参考くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック