前回までの記事で、中古物件の売却は心配だという声がいくつか届きました。

実は一戸建ての売却で瑕疵が見つかった際に、もしも保険に加入していれば、瑕疵担保責任を保険でカバーできるようにした保険があるんですね。

既存住宅売買瑕疵保険と言うものです。

この保険は、住宅瑕疵担保責任保険法人が取り扱う保険商品で、売主か買主が検査機関に検査を依頼して、瑕疵担保責任に伴う負担を保険金で払うものです。 

保険の対象となる項目は、住宅の柱や壁などの構造耐力上主要な部分や窓や屋根などの雨水の浸入を防止する部分等で、保険期間は5年間もしくは1年間となります。 

保険金対象となる費用項目は、瑕疵があるか点検する調査費、瑕疵の補修費用、補修に伴う転居費、仮住まいの費用等です。 

保険ではなく不動産会社が同じような独自の保証サービスをしている会社もあり、引き渡しから2年間の補修費用を保証していることもあります。

さらに、不動産会社によっては独自に保証サービスを扱っている場合もあり、建物に瑕疵が見つかった場合に、引き渡しから一定期間は補修費用を不動産会社が負担するとしている物です。 

保証サービスの詳細は不動産会社によって違うので、不動産を売却するときは保険や保証サービスを確認してくことが大事なことですね。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2017y12m19d_104737890.png です