買主から見た一戸建て物件を購入する選択肢は、
新築建売住宅、中古住宅を購入してリフォームする、リフォーム済みの中古住宅、古い一戸建てが建っている土地を買う、更地を購入して新たに一戸建てを建てることです。 

マンションと比較すれば、選択肢が沢山あり、買主が選択しやすいのが特徴です。これは売却を考えている売主にとってもメリットになります。 一戸建ての、資産価値については、区分所有マンションと比較しても一戸建てに軍配が上がります。

区分所有マンションは経年劣化で価値が大きく影響しますが、一戸建ての場合には、建物よりも土地の評価に重点が置かれます。 

区分所有マンションの場合には、基本的に年数が経てば資産価値は下がっていきます。不動産業者が直接買い取りリフォームやリノベーションをすれば、価格は一時的ですが上がりますが、実際の耐用年数は確実に減少していきます。 

一方で、一戸建てには最終的に土地が残るのでまさしく、文字通りの不動産と言われるゆえんで、建物が古くても、価格の大部分を占める土地の価値は半永久的に大きく変らないのです。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック