一戸建てを売却する場合には、土地も併せて売却するので、土地測量図や境界確認書が必要です。 

お隣のお宅との境界を巡って、揉めており何年も裁判をしているというケースがたまにあります。財産境ともいいます。

境界が明確なようで曖昧なものでしたので、曖昧なままにしておくと、いざ売却するときになって困ったことになりますので、境界を確定することはとても重要なんですね。 

境界を確定するためには、境界標などを検証することが必要になります。境界票は工事の際に紛失していたり、長年の劣化で壊れていることもあるので、検証にはある程度時間がかかることもあります。

この場合には専門家である、土地家屋調査士に依頼して測量してもらい、公的資料等も調査してから、土地所有者を集めて境界確認の立ち会いをして境界線を確定します。 

土地の境界線には、隣接する人が話し合って決められる所有権界と、もともとの境界線である筆界があり、所有権界と筆界は、聞き慣れない単語だと思いますが、土地の境界線を確定するうえで重要です。

マンションの売却よりは多少手間がかかるのが一戸建て売却の特徴ですが、弊社ではあなた様のペースに合わせた売却活動を応援いたします。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック