不動産が高く売れる、売却に適した時期はあるのでしょうか?

 

一般的にですが、

年度末は転勤辞令が出ることが多いことや、子供の新入学期となるため、購入希望者が増えます。

 

いわゆる引っ越しシーズンといわれるこのタイミングは、それだけ住まいを探す人が増えるからです。

 

おおむね、例年2月ごろから不動産市場は活発になります。それ以外の時期では、

2月~3月に比べると数は少なくなりますが、9~11月頃に転勤による需要がみられます。

なお、不動産市場の閑散期といわれるのは8月です。ライフイベントがない時期であるのに加え、

夏の暑さが影響しているともいわれます。

 

しかし、住宅ニーズの高い2~3月の売却が有利かといえば、一概にそうとはいえません。

2~3月は購入希望者が増える一方、同じ理由で売却を希望する人も増えるからです。

 

条件のよい物件であれば早期の売却が期待できますが、ライバル物件が多く、

紛れてしまいなかなか売れないという可能性もあります。

結局のところ、市場状況にかかわらず、売りたいと思ったタイミングで売却に着手する方がよい結果となることも多いです。

不動産売却までには、購入者があらわれるまで、またそれから契約、引き渡しと考えると時間がかかります。

 

余裕を持って売却を進めるようにしましょう。

また、そうはいってもお客様の都合もありますよね?

できるだけ売主様の意向に沿うような売却活動を行っていきますので、どしどし弊社にご相談くださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック