不動産を売却するとき、代金はいつ、どのように支払われるのでしょうか。

 

売却代金の支払いは、契約時と引渡し時の2回に分けて支払われることが多いです。

契約時にはまず、手付金として売却代金の5~10%程度が支払われます(契約を早めるために低額にすることも多いです)

 

ただし、近年では購入を容易とするために、10~30万円程度に設定される場合もありますので注意しましょう。

そして、決済・引き渡しの際に残りの代金が全額支払われます。

 

代金と物件は完全に引き換えとなり、売却代金は、銀行振込により入金されるのが一般的です。

不動産を売却する場合、契約から引き渡しまでは1か月以上期間を見ておかなければなりません。

買主側のローン審査が必要だからです。

 

ローン審査後に決済・引渡し日の調整を行うことになるため、思ったよりも時間がかかるでしょう。

また、売買契約時には、ローン特約をつけることが一般的です。

 

もし買主がローンに通らなかった場合には、契約は違約金なしに解除となります。

この場合、売主は買主に手付金を返還しなければなりません。

 

なお、ローンを使用しない場合には、契約から引き渡しまでを同時に行うケースもあります。

このほか、契約時と引渡し時の間に代金の一部を支払う中間金を受け取るという方式もありますが、

ローンの関係上現在ではあまり行われることはありません。

 

契約時に貰うお金(手付金)は低額にすると解約されるリスクも高まります。

こういった専門的なことは仲介会社である弊社へお気軽にご相談くださいね!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック