不動産を売却する場合にはどのような書類が必要となるのでしょうか。

 

まず、土地・建物登記済証(権利証)または登記識別情報や、測量図・建物図面、物件状況等報告書などが必要です。

これらは査定や媒介契約の際にも使用しているのですでに用意されていることと思います。

実際の売買契約の際にはあわせて、建物の設備の有無や状態を記載した設備表が必要です。

マンションの場合は、管理規約や管理組合総会議事録も用意しておきます。

 

また、売買契約時には固定資産税・都市計画税の清算も必要ですので、最新の納税通知書が必要です。

不動産仲介業者の担当者に、事前にどのような書類が、いつ必要となるのか、事前に確認をとっておきましょう。

 

また、契約締結時には本人確認書類や実印、印鑑証明書も必要ですので、こちらも忘れないように持参しましょう。

共有名義では全員のものが必要です。

 

遠方の場合には集めるのに時間がかかる場合もあるので注意しましょう。

そして、物件の引き渡し時には、住民票、売却代金の振込先に関する書類なども準備しておかなければなりません。

住宅ローンの残債がある場合は、代金受け取りと同時に返済し、抵当権等抹消手続きが必要です。

 

印鑑証明書や住民票は発行後3か月以内のものとなりますので、タイミングを見計らって取得しておきましょう。

不動産売却の時に必要な書面はたくさんあります。

一度に全部集めなければいけないというわけではなく、その書面を集めるタイミングと種類は仲介会社がアドバイスする部分です。

 

当然弊社もわかりやすいアドバイスを心がけていますので、なんなりとご相談くださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック