親から不動産を相続した場合や、引っ越しをして、もう住んでいない住宅がある場合。

いまは誰も住んでいないのであれば、売却をするか、賃貸にするかの2択を迫られることがあるでしょう。

 

その住宅に、将来的にはご自身が住む予定があるなら、それまでの間は賃貸にして収益を得るのが良い方法ですね。

しかし、築年数が古いなどの理由でリフォーム代や修繕費用が掛かるようであれば、

 

いっそのこと手放したいと思われるかもしれません。

【売却をするときは、リフォームをしていなくても売れる】

 

中古の不動産を売却するときは、現況渡しが原則ですので、リフォームをせずにそのまま売る方も多くいらっしゃいます。

もし、設備が壊れている場合は修理しておく必要があるでしょう。

 

購入する立場から考えると、リフォームやリノベーションがされていなくても、

自分で好きなようにリフォームすることができるメリットがあります。

 

たとえば、区分マンションの場合。建物の外観や共用部分などは、

マンションの管理会社が美観を損ねないように維持してくれています。

 

部屋の壁紙や水回りが異常に汚れているなど、あまりにも状況が悪いときはリフォームをしなければならないかもしれません。

しかし、そこまでひどくなければ、美装や軽い清掃をしてそのまま売却に出すことができます。

 

住宅の現況を確認してみて、リフォームに費用をかけたとしても確実に家賃収入を得ることができそうなら、

賃貸物件として運用していくと良いでしょう。

 

リフォームに掛けた費用を何年で回収できるか、などを計算してみると、より具体的になってきますね。

【売却の場合と、賃貸の場合の損益を計算して比較してみる】

 

賃貸物件を運用していくには、家賃収入に対して、固定資産税やその他の経費など支出が発生します。

その損益を見て、どちらが得になるのか比較してみましょう。

 

入居率によって毎月の収支は大きく変動するので、場合によっては売却してしまったほうが良いこともあります。

今後は住む予定がなかったり、リフォームをしてまで費用をかけたくない場合は、売却を検討してみると良いでしょう。

 

それでもどちらにするかお悩みの場合は、ぜひ弊社までご相談くださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック