足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島です。

 

不動産を売却するときに不動産会社に相談へ行ったとき、

いったいどうやって価格を決めているのか気になりませんか?

 

ここではその不動産の査定の方法についてご紹介していきます。

【不動産価格の査定は3つの方法】

 

不動産価格の査定にはいくつか方法がありますが、

たいていの場合は主に以下の3つのやり方で決められています。

 

・取引事例比較法

査定をする不動産の条件に似ている取引事例を多数収集し、売買された時期や立地など、

必要に応じて事情補正や時点修正を行いながら価格を決めていきます。

 

例えば、近隣地域や同一需要圏内の似ている地域で実際に不動産取引が行われている情報などを基に比較していきます。

これにより、いわゆる相場から逸脱しない正確な価格査定を行うことができるのです。

 

・原価法

原価法は建物の原価を基に築年数に応じて原価修正を行い、現時点での不動産の鑑定評価をする方法です。

 

・収益還元法

言葉にある通り、対象不動産の将来における収益性を考慮し、

その不動産が生みだす純利益を利回り(還元利回り)で割って不動産価格を求める方法です。

 

将来、その不動産が生み出す利益が大きければ不動産価格も高くなり、利益が小さければ不動産価格も安くなります。

 

★個人の不動産売却に関しては取引事例比較法や原価法の場合が多いんです★

個人間で売買される一般的な住宅などでは、

主に取引事例比較法や原価法で査定をする場合がほとんどです。

 

取引事例比較法では査定をする物件と似た条件の取引事例を基にして、

地域性や物件の個別性などを考慮したうえで査定がはじまります。

 

築年数や間取り、駅からの距離、路線価など、しっかりと情報を収集してから比較していきます。

 

(※路線価とは、市街地の道路に沿った宅地の1平米あたりの評価額を路線価といい、

国税庁が公共評価などを参考にして評定しています)

 

 

★不動産価格の査定は、どこの不動産会社でもたいてい似てくる事が多い★

このように、売却不動産の価格査定は同じ方法で決めるため、

どの不動産会社でも査定は同じくらいになる場合が多いです。

 

 

もちろん、それでも微妙に査定価格が異なることはあります。

基本的に査定価格の算出方法は、

不動産流通推進センター(https://www.retpc.jp/chosa/satei-2/)が

「価格査定マニュアル」というもので定めています。

 

多くの不動産会社がこの価格査定マニュアルに則って計算をするのですが、

査定の対象物件と比較をするための「取引事例」をどうやって選ぶかによって違いがでてきます。

 

似た条件から引っ張ってきた情報によって査定担当が判断をしますが、

当然その情報の選択によっては査定価格も変わってきますね。

 

最終的には売主様と売却価格を決定してきますので、

「高く売りたい」を重視するのか「早く売りたい」を重視するのかでも変わってくるでしょう。

 

これらは不動産会社の担当者さんとじっくりと話し合って決めることですが、

弊社であれば私になります(笑)

お気軽にお声がけくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック