一戸建てを住み替える時の資金計画を詳細にご説明しますと、

 

住宅ローンを完済する費用、一戸建てやマンション売却時の諸経費、

新居購入に充てる頭金と諸経費、引越し費用、売却してから購入する場合には、仮住まいの家賃相当額です。

一戸建てを売却して、住み替える場合には、多額の費用が掛かります。

 

それに、新規に購入した不動産には、新たに返済するローンがスタートします。

住み替える不動産には、ある程度の期間が経てば経年劣化も起こるので、当然リフォームする費用も計画する必要があります。

このように多額の費用が必要になる住み替えをするには、費用を賄うだけの現金や預貯金が必要になるので

 

自己資金を準備することで、資金計画も安心して立てることができます。

 

当然、住み替え費用だけに目を奪われてしまうと。一家の生活費に加え、子どもがいれば教育費や、将来に備えた、夫婦の老後資金も考えることが必要です。

ローン返済の期間と、子供がの教育費が同じタイミングで重なると、資金繰りが苦しくなりますので、

 

教育費などの大きな資金は、事前にどの程度の費用が掛かるのかタイミングをシミュレーションしておけば、

資金計画の範囲内で調整可能か確認しておくことが重要です。

 

新規のローンを返済する場合でも、返済期間が長くならないよう注意して、収支のバランスを考えて、

定年退職までに完済できるのかもシミュレーションして無理のない資金計画を立ててください。

 

ただ、現場レベルの話では「支払いはできるけど頭金がない」というお話が多く出てきます。

弊社は諸費用ローンのご紹介と自己資金も限りなく0円でできるような取り組みをしておりますので

 

ご売却時の資金繰りはお気軽にご相談くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック