不動産の売却を依頼するとき、どこの不動産業者に頼めばいいか悩みますよね。

 

大手の業者がいいのか、それとも地元の業者がいいのか。

不動産業者は日本全国に約12万社存在します。

 

大きくフランチャイズ展開しているところや、地元の地域密着型で営業している会社など、

それぞれの良さがあるのでご紹介しましょう。

まず大手の不動産業者は、膨大な物件データを蓄積したネットワークを使っています。

そのため、不動産の売却を依頼した場合も、広いネットワークで売却情報を早く出すことが可能です。

 

また、全国にフランチャイズ化した店舗があるため、顧客データも多く持っています。

その知名度から集客力もあり、買主さんを見つけてきやすいので、早く契約が決まる確率が上がるでしょう。

 

では、地元の不動産業者はどうでしょうか。

 

その地域の特性を熟知し、そのエリアだけの情報網などを持っていたりします。

たとえば、物件があるエリアの小学校の評判や、近隣住民の評判など。

 

その地域に精通していないと知りえない情報をたくさん抱えている業者が多いのです。

 

大手不動産業者のようなネットワークは持っていませんが、

買主さんから価格交渉がきた場合の対応をしてくれたりと、なにかと融通がきくことがあるでしょう。

 

たとえ同じ売却物件を扱っていたとしても、その買主さんを見つける情報網や集客力で違いが出てきます。

 

物件の地域によって得意な不動産業者が異なります。

不動産の売却をお考えの際は、ぜひ一度、弊社までご相談くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック