足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島です!

今は平成30年です。

お住まい選びで古いマンションはちょっと気にしちゃいますよね。

平成築のマンションなら・・と思っても平成元年のマンションでも築30年!。

とすると、昭和築のマンションって平気なの?ってよく聞かれますが、今日は簡単にご説明しますね。

 

結論から言うと、昭和56年6月1日以降に建築確認を取ったマンションなら極めて安心と言えそうです。

建築確認というのはざっくり言うと建築の検査機関から「建ててもいいですよ」という許可が出た日です。

この日を境に建物は「新耐震基準」と呼ばれ、現在への工法へと進んでいます。

逆にこの日以前のマンションは「旧耐震基準」と呼ばれ、

震度5強程度の揺れでも建物が倒壊しないような構造基準として設定されていました。

現行の「新耐震基準」は震度6-7が来ても、人命を守る強度があると言われ、

阪神大震災でも「新耐震基準」の建物の被害は極めて少なかったという報告があります。

耐震基準の話になると、やれ専門家の話が多くとてもではありませんが書ききれません。

ただ、一般的な尺度で考えた場合に「新耐震基準」の建物が選ばれることが多いので、

昭和60年のマンションだけど大丈夫かな?平成元年のマンションだけど大丈夫かな?といったお悩みが出た時には、

この記事を参考にしてくださいね。

お読みいただきありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック