不動産会社が実施する査定では、物件を購入した後に、どのように使用するかが査定のポイントになります。

 

築浅の一戸建てを売却する場合には、買い手が早くあらわれる可能性が高いため、

査定額も比較的高めになるのが一般的です。

 

売出し時に掛かる経費も安く抑えられるので、不動産会社にとっても、リスクが比較的少ない物件になります。

それと比べると、リスクが高くなるのは、古い一戸建て等の中古物件になります。

 

中古物件は、新築物件のような買い手が買いたくなる要素が少なく、古いとか補修やメンテナンスにお金が掛かるといった

イメージを持たれることが多いので、不動産会社も、安い査定額を提示してきます。

 

ところが、中古の一戸建ては一概に中古だからと言って、価値を決めることができず、

土地付きの物件として売却されるケースが大半で、建物がある土地の価値が高ければ建物自体が古くても査定額が下がらない場合もあります。

このような中古物件は、土地を含めた様々な活用方法が検討できるメリットもあり、

交通の利便性が良いなど立地が良ければ、古い一戸建てを建て直し店舗や事務所などにすることもできます。

 

この様なアイデアが出てくれば査定の金額は大きく変動してきます。

つまり、土地の再利用をかんがえることができ、その土地値だけでいくらくらいなのか降興産仲介会社は査定額を出すことができるんですね。

 

建物が古すぎてほぼ使えない場合も、土地値で売買できるのが中古戸建売却のメリットです。

他社で断られてしまったお客様もお気軽にご相談くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック