売主は瑕疵担保責任があり、古い住宅の場合はそれが原因で売却を悩む方も少なくないと思います。

瑕疵(かし)とは、通常あるべきはずの品質や性能が欠けている不具合を指します。(シロアリや雨漏りなど)

 

個人が住宅を売る場合は、一般的に3か月程度の瑕疵担保責任を負うことがほとんどです。

つまり3か月間あなたが買主に不具合の保証しないといけないんですよね。

それは主に4か所で

・シロアリ

・給排水管の故障

・主要な木部の腐食

・雨漏り

 

でもですね、買主が納得すれば瑕疵担保責任をすべて免責(あなたは保証しない)することもできます。

どういうことかというと売却条件に「瑕疵担保面積」という条件を付けるだけです。

 

これの条文を入れればあなたは3か月間の保証をしなくても不動産売買をすることができます。

詳しくは弊社までお気軽にご相談くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック