もしも相続で、戸建ての名義が父親の名義になったままの場合には、所有者が変更されていないので、所有権移転登記が必要になります。 

司法書士に払う報酬は概ね3万円から数万円掛かり、登録免許税は土地の固定資産税評価額に対して税率が0.4%になります。

所有権移転時に必要な遺産分割協議書などの書類を作成する場合には、別途実費が必要になります。  

必要な書類は、売主の戸籍謄本、売主の住民票、被相続人である父親が死亡した記載のある戸籍謄本か除籍謄本、印鑑証明書は遺産分割協議をした場合には相続人全員分など

遺産分割協議書は司法書士に作成を依頼することが多く、遺言書があるか無いかにより必要な種類も変わりますので、司法書士と相談して準備をしてください。

抵当権抹消登記に必要な費用等は、売却する戸建ての土地に設定されている抵当権を抹消する場合は抵当権抹消登記が必要です。

司法書士への報酬は、概ね1万円から数万円程度で、登録免許税は土地1筆に対して1,000円になります。

さらに事前調査に必要な登記簿謄本の取得費用などは実費が掛かります。 

登記で必要な書類は私共不動産仲介業者経由で司法書士の先生に確認できますのでご安心くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2017y12m19d_104737890.png です