戸建てを売却すると、建物が所在する土地の名義も買主に変更しますが、このときにする登記は、所有権移転登記と言われています。 

不動産登記は登記をする義務がある売主と、登記権利者である買主が一緒に登記申請をすることが登記の原則になっています。 

戸建ての所有権を問題なく移すことで、売主が買主に対して積極的に協力しなければいけません。 

一方で売主は、登記に必要となる登記簿の権利部である甲区に記載されている、所有者の名前と住所が異なる場合に行う、登記名義人住所、氏名変更登記と、

相続したものの名義が亡くなっている場合や、被相続人のままになっている場合に行う所有権移転登記や、

ローンの担保になっている場合は抵当権を抹消するための、抵当権抹消登記などを行う必要があります。

これらの登記に不備があれば、買主に所有権を移転する登記が完了できず、売買契約が白紙になってしまうことがあります。 

残代金決済の時には必ず不動産仲介業者立会いの下に登記をするおとがほとんどですから、司法書士に確認することで確実に必要な準備をすることができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2017y12m19d_104737890.png です