近年、空き家問題に関するニュースや書籍をよく目にします。

増え続ける空き家をなんとかしようと、補助金制度を設けている自治体もあるくらいです。

 

たとえば親から相続した実家があるけれど、子は現在そこに住んでいないので、そのまま放置している場合。

人が住まなくなると建物の老朽化は速まっていきます。

 

また、戸建てであれば、庭の植栽や雑草の繁殖により周囲の景観を乱す恐れもあるでしょう。

さらには防犯上の問題もあります。

 

空き家とわかればそこへ不審者が侵入したり、ゴミの不法投棄などを招きやすくなってしまいます。

さらには火災の発生や、建物が倒壊してしまうなど、近隣住宅へ危険を及ぼす可能性もありますね。

 

【人口減少が空き家発生率を高めている】

高齢化や人口減少により、そこに住んでいた人が居なくなることで空き家は発生します。

建物を引き継ごうにも、空き家を売却したり賃貸に出すときは改修が必要になることもあり、なにかと費用が掛かってしまいます。

 

建物を解体する際は解体費用が掛かり、更地になると固定資産税が膨らんだりと、様々なデメリットが。

そのため、何もせずにそのまま放置してしまう現状なのですね。

 

【負債だった空き家を利益に変える?】

 

何かとマイナスイメージが大きい空き家ですが、最近では、なんとか再利用しようという取り組みが増えてきています。

 

  • 居住用として賃貸する

オーソドックスなのは、居住用としてそのまま賃貸にする方法。

ある程度のリフォーム・リノベーションが必要になるかもしれませんが、

記述の通り、自治体によってはリフォームの際の補助金を出しているところもあります。

 

それを利用して建物をキレイにすれば、十分に人が住みたくなるような住宅になるでしょう。

賃貸にすれば、家賃収入を得ながら固定資産税を払っていくこともできますね。

 

  • シェアハウスにする

シェアハウスとは、1つの建物を複数の人と共有して生活する居住形態です。欧米では広く普及しています。

最近、日本の古民家が外国人に人気で、テレビや書籍でもよく取り上げられていますね。

その需要を利用してみるもの良いでしょう。

 

たとえば男性か女性のどちらかに限定したシェアハウスや、体験農業付きシェアハウス、

起業を目指している人向けのシェアハウス、といったコンセプトのあるものなどです。

 

  • 店舗・会社の事業用として貸す

お店を開きたい人や、会社の事務所として賃貸することもできますね。

店舗の場合は改装費用が掛かる事があるので、不動産業者に相談してみるのも良いでしょう。

 

空き家は「いろいろめんどくさい」というイメージが強く、放置されがちです。

 

けれど建物をキレイな状態にして賃貸すると、毎月の家賃収入として利益を生むことも可能です。

また、リノベーションで建物が生まれ変われば、そのまま売却することもできるのです。

 

空き家があってどうしようかお悩みのお客様はお気軽に弊社までご相談くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック