不動産の物件引き渡し条件を売主(あなた)と買主(買取業者)双方と不動産仲介会社も含め確認したら、

お互いに合意した価格で取引すると記載した、売買契約書を締結します。

 

契約を結ぶときには、不動産会社の宅地建物取引主任者が、

契約書や契約約款などを読み上げて、契約内容の最終的な確認をします。

 

そして契約書に自書で署名して、実印で押印し、不動産売買契約書を締結します。

このとき、日本の不動産取引では、一般的に10万円~100万円程度の手付金も支払います。

 

この手付金と呼ばれるお金を売主(あなた)が買主(買取業者)から現金で契約日当日にもらえます。

この手付金の意味は「気が変わって契約をキャンセルしたら返ってこない」という性質なので

 

買主である買取業者が万が一契約をキャンセルしたとしても、あなたはそのお金を返さなくても良いのです!

ということは、1円でも高いほうが良いですよね(笑)

この手付金の金額交渉をするのも私たち不動産仲介会社なんですよ。

 

残代金の決済日までに必要書類を揃え、公共料金の清算や引越しの手配などをしておきます。

もしも、住宅ローンが残っていて抵当権がついている物件は、事前に金融機関に電話して抵当権を抹消する手続きもしておく必要があります。

ただ、金融機関と抵当権の末梢の打ち合わせを代行で交渉してくれたりサポートしてくれるのが不動産仲介会社です。

もちろん弊社でもわかりやすくご説明していますのでお気軽にご相談してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック