物件の売却中に購入希望者から値下げを交渉されたら、応じないといけないのでしょうか。

また、気をつけることはあるのでしょうか?

 

不動産は高額な買い物ですので、購入希望者は少しでも安く買いたいというのが本音です。

売り手もできることなら少しでも高く売りたいでしょう。

実際のところ、不動産売買では価格交渉が行われることが一般的です。

したがって、売却価格を決める際には、売り出し価格のほか、

ここまでなら値下げが可能だという価格ラインも決めておく必要があります。

 

売却の事情や周囲の相場、査定額などを参考にしながら、あらかじめ価格交渉の対応についても考えておきましょう。

 

また、価格交渉された場合には、購入希望者が単純に値下げを希望しているのか、

それとも何らかの理由があって値下げを求めているのかを見極めるため、理由を必ず聞くようにしましょう。

 

交渉の理由が売り手と購入希望者の両方が納得できる内容であれば、お互いに気持ちよく契約まで進めるはずです

。また、契約に進まなかった場合でも、買い手においてどのような点が購入決定への障害となっているかがわかります。

 

もし、購入希望者の無理な要望の場合であれば、必ずしも応じる必要はありません。

売却まで時間の余裕がある場合は、次の購入希望者があらわれるまで待つというのもひとつの方法です。

 

基本的に値段交渉は仲介業者の仕事です。

金額の部分は本音が反映される部分ですので、思うままにご相談していただけたらと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック