こんにちは

 

日々の生活でお借入が無い方は、なかなかいらっしゃらないんじゃないかなって思います。

だって、

・車のローン

・教育ローン(我が家も可愛い子供が3人います^^)

・ショッピングのローン

などなど。

 

私は元銀行員ということと、世田谷区の不動産売買も10年以上経験してきたバックボーンもあるので

いろいろなお客様を担当させていただきました。

 

お借入と言うのは厳しい言い方をすると「借金」なのですが、

その「借金」があるから、うちはまだ買えないんじゃないかって悩んでいる方が相当いらっしゃるんですよね。

 

そこで、そんなあなたへ考え方が楽になる(買えるようになる時期がわかる)を4つお知らせしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.キャッシングしている方は少し審査が厳しい

金融機関は「今のお給料で生活できないのですか?」という厳しい見方をされるんですね(T T)

 

2.月々いくら返済しているのかという考え方

業界用語でいうと【返済比率】と言うのですが、例えば月々80,000円お支払いができる方が

借金で月々30,000円払っていたら、80,000円-30,000円=50,000円の予算で不動産選びをすることになるので

気に入った物件が買えなくなる(選択肢が狭くなる)かもしれません。

 

3.使用していないカードをたくさん持っている

そんなにカードを持っていたら、いつでも買い物出来てしまうじゃないですか?

借金が増えるリスクを金融機関は見てくるので、カードの解約条件などが付く。

 

4.月々のお支払いが遅れてしまった事がある方は少し審査が厳しい

金融機関は「月々の支払いを遅れてしまった人に、数十年もの間お金を貸すんですよ?」

という厳しい見方をされるんですね。

特に最近は携帯電話の支払いを忘れて、泣く泣く諦めてしまう場合もあります(T T)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただですねー、これが面白いのですが

金融機関はある時ダメでも、ある時通ったりするものなんです。

 

何故か?

 

金融機関も営利企業なので、お金を貸さなければいけないノルマがあるのですね。

 

そうはいっても、1-4の要素(リスク)が高い場合はデフォルト(回収できない)の可能性が高くなるので

金融機関としてはなるだけリスクを抑えたいもの。

 

金融機関と不動産業者が結託して住宅ローンを通すことは100%ないのですが、

実は住宅ローンに精通している不動産業者だけは、これらの悩みをスルリと解決することが多々あります。

 

住宅ローンに精通しているというのは

1.があっても極力受け止めてくれる金融機関と対応策を知っている

2.が極力高くなる金融機関を知っている(50,000円の枠が60,000円、70,000円と高くなる)

4.あなたの支払いが遅れた時期を明確に把握することで、金融機関の審査に通りやすい時期を逆提案できる。

 

ということが挙げられます。

※ここは不動産業者の営業マン向けに書いてしまうとゆうに数ページはいきそうなので省きます^^

 

もしあなたが、他に借金があるから買えないんじゃないかなーと少しでも感じていたなら

買う買わないは別にして一度お茶でも飲みながら私にご相談くださいね!

 

 

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック