持ち家なら平均支給額100万円超え!もらわないと損する給付金(申請期限あり)

持ち家なら平均支給額100万円超え!もらわないと損する給付金(申請期限あり)

もしあなたが築5年以上の一戸建てにお住まいなら、3ヶ月以内に100万円以上の給付金をもらえる可能性があります。

私も築5年以上の一戸建てに住んでいるので、申請してあっさり109万円を受取ることができました。100万円を超えるお金がまさかこんな短期間で簡単にもらえるなんて、本当に驚いています。

先日はお客様の申請をサポートして、無事に150万円、55万円が給付されたとのご報告を頂きました。

これは聞いた話ですが、200万円、300万円以上が給付された方もいるそうです。

この給付金、絶対にもらわないと損なのですが、どこかで宣伝しているわけではないので知らない方が多いようです。

今からその「給付金」の申請方法についてお話します。

申請期限がありますので、ぜひこのまま最後まで読んで、読み終わった瞬間から申請の準備に入ることをおススメします。

ちなみに、この給付金を受け取れる可能性があるのは次の2つに当てはまる方です。

① 築5年以上の一戸建てやアパートなどの建物をお持ちの方
② 火災保険に加入している方

つまり、持ち家の方のほとんどが当てはまります

火災保険よくある5つの誤解

先に答えを言ってしまうと、申請するのは火災保険です。持ち家の方のほとんどが火災保険に入っていますが、万が一、火事になった時の“お守り”だと思っている方が少なくありません。

しかし、火災保険はもっと身近なもので、活用できるチャンスがたくさんあるんです

そこで、給付金の具体的な申請方法に入る前に、まず火災保険に対する誤解を解いておきましょう。

誤解1:火災でしか保険がおりないと思っている×

「火災」保険と呼ばれているので勘違いしやすいのですが、実は火災保険の約9割が火災による被害だけでなく、雪や雨、風、雷の被害でも保険がおります

加入時にどのような被害を補償の対象とするかを選んでいるはずなのですが、そのことを忘れてしまい、本来は保険がおりる被害なのに全額自腹で直してしまう方が少なくありません

火災保険が適用される自然災害の一例

誤解2:保険がおりるような被害は無いと思っている×

台風や雪が積もったあと、毎回屋根の上に登って被害が無いかを細かく確認するなんて、きっとしていませんよね?

実は、
・近づかないと見えないくらい小さな傷
・登ってみて初めて分かる屋根のずれ
なども給付金の申請対象になります。

火災保険では、被害の大小ではなく「原因が補償の対象かどうか」が重要なため、被害を受けたという意識が無くても、申請すると保険がおりるケースが多いんです。

実際、築10年以上の一戸建ての約95%に保険の対象となる被災箇所が見つかると言われています。

誤解3:保険を使うと保険料が高くなる×

火災保険は自動車保険と違って等級制度がないため、何回使っても保険料が上がることはありません。被害に遭う度に活用することが出来ます。

誤解4:保険がおりたら必ず直さないといけない×

火災保険で受け取った給付金の使い道は自由です。あくまでも「見舞金」という位置づけなので、壊れた箇所を直さなくてもいいんです。

保険会社も給付金がどのように使われたのかを調べることはありません。

これは極端な話ですが、そのまま貯金しても、車を買っても、旅行に行っても問題無いということです。

誤解5:もう遅いと思っている×

被害は「3年前」までさかのぼって申請できます

例えば、観測史上最強クラスと言われた2019年9月の台風15号による被害なら、2022年8月末までは申請できるということです。

以上のような誤解によって、多くの人が本来受け取れるはずの給付金を受け取っていないのが実情なのです。

直近3年で火災保険を
未申請ならチャンス

台風15号ではほとんどの建物で何かしらの損害を受けており、申請した人の9割が数十万円から数百万円の給付金を受け取っているそうです。

生活に支障が無いからといって、何も被害を受けていないとは限りません。

3年もさかのぼれば、あなたの知らないうちに補償の対象になる被害を受けている可能性は極めて高いです。

もしこの3年の間にプロの診断士に建物を調査してもらっていないのなら、一日でも早くお願いしましょう。それでもし損害が見つかったら、速やかに給付金を申請してください。

申請が却下・減額される
2つの落とし穴

ただし、申請するにあたって注意点が2つあります。

これを守らないと給付金が減額されたり、最悪の場合は申請が却下されて100万円以上のお金を受け取るせっかくのチャンスが台無しになってしまいますので、気をつけてください。

落とし穴1.自分で申請する

給付金を受け取るまでには、家の状態を調べて被害を立証したり、申請に必要な書類を用意するなど、膨大な手間がかかります。

① 被災箇所を探すのに屋根に登ったり、床下にもぐらないといけない
② 損害の原因が被災なのか、経年劣化なのか判断しないといけない
③ いつ、どの災害でできた傷・破損なのかを見極めないといけない
④ 申請可能な損害を見落とさないように調べないといけない
⑤ 該当箇所を適切な角度、縮尺で撮影しないといけない
⑥ 損害に見合った適切な金額の見積りを作成しなければならない
⑦ 保険会社とのやりとりを適切に行わなければならない

このように、申請を進めるには専門的な知識と経験が必要になります。

自分でイチから十まで準備して申請にこぎ着けたとしても、ポイントをおさえていないと申請が却下されたり、給付金の減額につながります。

落とし穴2.知り合いの業者に頼む

家の修理の話になると、知り合いの業者さんにお願いしようとする方が少なくないのですが、ちょっと待ってください。

一般的な業者さんに調査・見積りをお願いすると安い見積りになってしまって、本来受け取れる金額をもらえなくなってしまう恐れがあります。

これは友人の話ですが、実家の修理を知り合いの業者さんにお願いしたら、これはどう見ても数十万円かかるだろうという破損を、たった7万円で直してくれたそうです。

知り合いの業者さんというのは、どうしても安く見積もろうとしてしまうものなのです。

今回は給付金で直すことを想定して申請するので、お金をかけてしっかり直す見積りを提出する必要があります。(実際に直すかどうかは別として)

以上のような理由から、給付金の申請に精通した専門家にお願いして、調査からお見積り・申請までを全面的にサポートしてもらったほうが安心と言えるでしょう。

ご相談・診断・資料作成を
無料でサポートします

当社が提携している業者さんはリフォームを専門に行っていて、リフォーム業者ならではの視点から損害箇所を調査して、修繕方法を検討してくれます。

しっかり直すお見積りを出してくれるので「本当はもっともらえたはず」という失敗が起こりにくいです。

申請に関するご相談や実際のお手続きは私がサポートいたします。建物を診断するリフォーム業者と連携をとって、調査から申請までをスムーズに進めます。

私自身も申請して給付金を受け取っていますし、すでに何名ものお客様の申請をサポートして無事給付されていますので、ご安心ください。

申請はノーリスク、給付金が
出なければ1円もかかりません

通常は、申請から60〜90日で平均100万円の給付金を受け取ることができます。

ご相談・診断・申請に必要な資料作成などはすべて無料です。

給付金が実際に支払われた場合のみ、その50%を成果報酬として頂いております。万が一、給付金が支払われなかった場合、一切の費用はかかりません。

嘘のような話ですが、本当にノーリスクで申請することができるんです。

給付金お受け取りの流れ

1.調査依頼

受付フォームに必要事項をご入力のうえ、送信してください。提携業者と協力して、あなたの給付金受け取りまで全面的にサポートさせていただきます。

2.日程調整

給付金申請の詳細をご説明したあと、損害箇所の調査に伺う日程を調整いたします。受付フォームにご入力して頂いたお電話番号またはメールアドレスに、私からご連絡いたします。

3.現地調査

プロの診断士がご自宅へ伺い、被災状況を確認。申請可能な箇所を調査・撮影いたします。

調査は物件の大きさにもよりますが、60分程度で終わることが多いです。

4.見積書・提出資料の作成

調査結果をもとに、保険会社へ提出する資料を作成いたします。

資料には調査時に撮影した損害箇所の写真と、それらを修繕する場合のお見積りが含まれております。

5.保険会社へ申請書の提出

保険会社が定める保険請求の流れにそって、当社が作成した書類を保険会社へご提出ください。

6.保険会社が申請内容を確認

保険会社が、提出した申請内容を確認します。

7.給付金の入金

無事審査が通ると、給付金が振り込まれます。

8.成功報酬のお支払い

振り込まれた給付金の50%を当社指定の口座にお支払いください。

繰り返しになりますが、この給付金は使い道が自由な臨時収入ですこのページをお読みにならなかったら、入るはずのなかったお金です。

給付金の申請にリスクはありません

あなたも今すぐ平均支給額100万円の給付金を受け取るために動き始めましょう。

※他センチュリー加盟店ではこのサービスは行っておりません。弊社のみのサービスとなります。

会社概要

会社名 センチュリー21アイリンクス
代表者 飯島 幹雄
所在地 〒123-0842
東京都足立区栗原3丁目21−6
電話番号 03-5837-4547
FAX 03-5837-4548
定休日 毎週水曜日
営業時間 10:00~19:00
免許番号 東京都知事(3)第92724号
加入団体 社団法人 全日本不動産協会東京都本部
社団法人 不動産保証協会東京都本部
社団法人 首都圏不動産公正取引協議会
財団法人 東日本不動産流通機構
事業内容 不動産(一戸建て・マンション・土地)の売買仲介業

代表プロフィール

センチュリー21アイリンクス
代表取締役 飯島幹雄

新卒で銀行に入行し約6年間、延べ 500 件以上の住宅ローン審査や手続きを担当。銀行員時代に「次は不動産を売買する立場から融資知識をお客様のために活用できないか」と考え、「宅地建物取引主任者(宅建)」の資格を取得。

不動産会社へ転職し、新築・中古戸建・マンション・ビルの売買を約 10 年経験後、2011 年に「株式会社アイリンクス」を設立。同時に「センチュリー21」の加盟店として登録し、上位4%の成績優秀者に送られるセンチュリオンを受賞。不動産のプロフェッショナルとして認定される。

足立区・荒川区・葛飾区など東京都内の東部地区を中心に、一戸建ての売買に特化した事業を展開。火災保険の代理店も行っており、保険の手続きだけでなく、火災保険を利用した自然災害による家屋の修繕事前調査・手続き代行事業も行うなど、売買後の継続的なサポートにも力を入れている。

代表飯島からのメッセージ

当社はご紹介によるお客様が多く、しかもご紹介の7割は今まで当社から一戸建て等を購入されたお客様です。

「マイホーム」は人生で 1 番大きな買い物であり、その売買をご支援する立場として、大切な知人やご家族をご紹介頂けるのは、当社への信頼がなければ難しく、当社のサービスに満足いただいた結果であると自負しております。

先日は、全国のセンチュリー21加盟店2000人の成績上位4%に送られるセンチュリオンという賞を受賞し、不動産のスペシャリストとしても認定されました。

このページにたどり着き、ここまで読んで下さったのも何かのご縁と感じております。

もしまだ給付金を申請されていなければ、ぜひご相談いただければ幸いです。

よくある質問

Q.調査にはどれくらい時間がかかりますか?
調査時間は平均1時間程度いただいております。建物の大きさや構造、被害状況等によって変わりますので、予めご了承ください。

Q.大きな損害を受けていないのに申請して大丈夫でしょうか?
保障の対象となる原因で損害が発生したのであれば、損害の大小にかかわらず給付金を受け取る権利があります。申請前は心配でも、実際に給付金を受け取ってみると、みなさん申請して本当によかったとおっしゃっています。なお、給付金を受け取ったことで保険会社との間でトラブルになったケースはございません。

Q.申請すると次回から保険料が上がってしまわないか心配です。
火災保険は自動車保険と異なり等級制度が無いため、申請したことで保険料が上がることはありません。

Q.一度申請してしまうと火災保険はもう使えませんか?
いいえ、火災保険は被害に遭う度に何度でも申請することができます。ただし、既に申請した箇所を修繕せずに繰り返し申請することはできません。

不動産を売却するなら
給付金を受け取ってから

もし売却を検討している不動産をお持ちなら、必ず給付金を受け取ってからにしましょう。

受け取った給付金はそのまま貯金しても、引っ越し費用に充ててもよいですし、不動産を「納得のいく金額」で売るために使うという選択肢もあります。

当社では、不動産の売却前に給付金を申請し、そのお金を軍資金に不動産の価値を高め、売却を有利に進める総合的なサポートを行っております。

>> 給付金バリューアップ付き売却サポートの詳細はこちら(他の記事へ移動します)

ご実家や相続した不動産でも
申請できます

いま住んでいる持ち家だけでなく、実家や相続などで受け継いだ「空き家」でも、火災保険に加入してさえいれば給付金の対象になります。

賃貸マンションに住んでいた知り合いにこの話をしたところ、ご両親がお住まいの実家で申請をしました。

無事に給付金が支給され、直したい所をいくつか直して、残ったお金を分け合ったそうです。ご両親もとても喜ばれていたとのことでした。

この機会に、まだ給付金を申請していない戸建やアパートなどの不動産が身近にございましたら、ぜひご相談ください。

※他センチュリー加盟店ではこのサービスは行っておりません。弊社のみのサービスとなります。

自己資金のお悩みカテゴリの最新記事