土地や建物など私たちの財産保護を目的として、不動産には登記と言う制度があります。

1つの土地には絶対に1つは登記簿があります。 

登記簿には、その土地が一体どこにあるのか、誰が所有して居るのか、どのように利用しているのかなど、その不動産に関する重要な情報が記録されています。 

登記簿を管理しているのは各地域にある法務局になり、手数料を払うことで誰でも閲覧できるようになっています。

そこで戸建てを売買する人は、登記簿を必ず見てその土地の経歴を確認してから売買するので、安心できる土地なのか否かを見て判断することになります。

登記には、先に登記をしたものが効力を持つという性質があります。 

例を挙げて紹介しますと、AさんがBさんから戸建てを買い残代金を決済して領収書を受け取りました。

しばらくするとCさんという本当の所有者が現れて、Aさんが購入した戸建ては自分のものだと主張したとすると、

AさんはCさんに自分の戸建てだと主張できるのかどうかですが、ここで重要なものは登記です。

登記簿に所有者がBさんからAさんに変わったこと裏付ける、Aさんの名義の所有権移転登記がされていれば、その土地は自分のものだとCさんに主張ができるんですね。

ところが、Aさんが所有権移転登記をする前にCさんが自分名義の所有権移転登記を済ませていたら、AさんはCさんに対して自分のものだと所有権を主張できないことになります。 怖いですねー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2017y12m19d_104737890.png です