今住んでいる家を売って新しい家を買いたんだけど、できますか?

このようなご質問も多いですね。

 

これは出来る場合とできない場合がありますので、2回に分けて詳しくご説明しますね。

一般的に、住宅ローンというのはおひとりに1つの利用と決まっています。

これは「住む家は一つですよね。だから、長期間金利を優遇します」というところ(商品)から来ています。

ですので、原則今の住宅を持ったまんまで次の家を買うというのは住宅ローンの残りがあるお客様の場合は、

2つのケースが発生します。

もちろん住宅ローンが無ければ全く関係ありませんので年のため。

 

それは、

1.今の残りのローンを無くさないと買えない方 ←前回記事クリック

2.今の残りのローンがあっても買える方(←今回のお話)です。

 

今回は2.今の残りのローンがあっても買える方 をご説明します!

この場合は今の残っているローンの金額が少額で、

次の家を買うに当たって新しく組む住宅ローンに対しても問題がないと言ったお客様の場合です。

 

具体的には新ローンと残っているローンを一本化しちゃうとか、

ローンが残っていても十分に返済能力があるとか、残りのローンを返せる自己資金があるとか(使わないけど)、

それはもうまちまちです。

 

※銀行も民間企業ですので(この方なら特別)という場合は住宅ローンが1本という原則がなく借りれることがあるんです。

全般的に属性の良い(年収、勤務先)お客様の場合です。

 

ただ、融資は今月はいいけど来月はダメとか・・・ほら、金融機関もどこも目標とかノルマがあるわけですよ。

銀行からすると貸さないといけないノルマですよね。

 

借りたいお客様、貸したい銀行。

 

銀行融資は保証会社(銀行の親会社)が可否を決めますが、

どう転んでも儲かる算段が高く無いと企業としてお金を貸しません(当たり前ですけど)

 

儲かる算段というのは、金融機関の回収率が高ければいいわけで、

属性の良いお客様に対しては回収できる見込みが高いと判断するのでしょう。

 

他、伝えきれない点はたくさんありますがお住み替えで悩んでいたり、

自己資金が不足して買い替えがうまくいかなかったといった経験があるお客様は、お気軽に弊社にご相談くださいね!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック