戸建てを売却する際は、登記簿謄本の権利部である甲区には、所有権以外にも様々な権利が登記されていることがあります。 

例えば、住宅ローンの担保になっているような場合は、設定されている抵当権もそのひとつですし、買主に所有権移転の登記をするまでに抵当権の抹消登記をしておくのが一般的です 

ただし現場レベルの話では戸建てを売却した売買代金でローンを完済して、決済をしてから抵当権を抹消することがほとんどです。

登記簿の権利部である甲区に権利が登記されているままですと、買主が戸建ての所有権を取得したとしても、購入後の利用や権利に制限がでてきます。

最終的には不動産価格を評価する際に大きな影響を及ぼす可能性がたかくなるので、どのような権利が登記されているのかを確認することが大事です。

権利が残っている戸建てを購入する際は抵当権などの権利を抹消できるのかをよく確認してから購入して下さい。

これも現場レベルの話では抵当権が抹消できない物件を売り主側仲介会社が販売しているのはまず考えられないので、そこまで神経質になることもありませんよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足立区での不動産購入&売却&買取
荒川区での不動産購入&売却&買取
一戸建てとマンション購入&売却&買取

下町エリア全域で力になれます
センチュリー21アイリンクス
今日も突っ走る飯島でした!

私が今日も頑張っているお店はこちら。※画像をクリック

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2017y12m19d_104737890.png です